『イカを呼ぶ!』公式ブログ

インターネットTV番組、『イカを呼ぶ!』の公式ブログです。

本放送『イカを呼ぶ!』は2016年1月5日(火)に解散致しました。ここはその過去ログです。
ツイッターイカを呼ぶ!公式アカウント@kariekachanをチェック!!

現在の閲覧者数:
イカを呼ぶ! 公式ウェブサイト
Ustream 本放送はここからも見られるよ
イカを呼ぶ!次回の放送はありません。

プロフィール

イカを呼ぶ!

Author:イカを呼ぶ!
・視聴者参加型ゆるゆる系エンターテイメント番組『イカを呼ぶ!』です。
毎週金曜日夜23時~26時までの三時間生放送!
視聴者もチャットで参加できるリアルタイム相互番組です。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

◆ 2016年1月5日(火)イカを呼ぶ!は解散しました。
▼番組は2014年10月2日(木)に最終回を迎えました。
▼団体も2016年1月5日(火)を持ちまして正式に解散とさせて頂きました。
▼責任者・担当者は野口雄介個人だけとなります。
▼過去のコンテンツに残されている人物・団体などは一切の関わりがございませんのでご了承下さい。
▼お問い合わせはikawoyobu@gmail.comまでE-mailにてよろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙が出る漫画

はいー、どーも。

コバ・ジュンです。

manga_02.jpg



最近知った面白いことなんですが、


「人は、単語の頭とおしりさえ合っていれば、順番が異なっていても、それらで書かれた文章を読む事が出来る」


というものです。

では実際にやってみましょう。



「こにんちは、おんげき ですか。
こじばゅん です。
この ぶしょんう、どでうす?
なとなんく よちゃめう でしょう?
すいごね!すいごね!
これは おろどき だね!」





どうです。人間の脳がいかに適当か分かったでしょう。

そう、人を騙す事なぞ、至極簡単な事なのであります。満州事変。


この二日間、仕事したり調べ物したりと忙しく立ち振る舞っており、でもでも家の事はまるでせず、庭の草は伸び放題、台所は洗い物たまり放題、洗濯機にいたってはパンツだらけになっております。

で、です。

調べ物というのは、ある漫画家について調べておりました。

その漫画家というのは…



桜 玉吉


manga_01.jpg


皆様ご存知でしょうかね〜?かつて「ファミコン通信」という雑誌で「しあわせのかたち」という漫画を連載し、大ヒット。親会社のアスキーに「マンガ部門」を成立させ、その他にはゲームキャラのデザインなども担当。その後も「コミックビーム」などで連載を続けた漫画家さんであります。






現在休筆中ですがね…






御存知の方も多いと思われますが、イカメンちゃんにはマンガ好きが多く存在します。

リーダー野口を筆頭に、年長組のジョニー、にゃっくはもろちんのこと、ゆりかん…は知らない、こころは腐女子、スタッフも大抵はマンガ読み…だと思うんだけど知らないので割愛して、とにかく皆マンガ好きです。










ダメだ、この団体(笑)










いい大人が、「今週のジャンプのアレ読んだ?」とか話しているのです。

中学高校と小説を読み漁り、大学に入った時点でその勢いはさらに加速。
太宰、三島、芥川、漱石、安吾、梶井あたりを読破した文学青年だった私。
卒論には、
「現代の日本経済推移下降に於ける、太宰治と川端康成の弁証法的論議なる関連性について」
を書いた私にとって、

『ONE PIECEがなんちゃら』

とか、そんな話は着いていけないのです!いけません!






話を戻します。


そんなうわついたイカメンちゃん達。桜玉吉さんなんて知らねえだろうなあ。こんな偉大な漫画家さんを知らないなんて、もう死んで欲しいなあ。つげ義春でさえ読んでないんだろうなあ…。

なんてふと思ったのです。


ここまで書いてきて、さらにふと思ったのです。


「また敵増やしてる」



テキです。調教師のことではありません。敵、enemyの方ですね。

そうなんです。ボクの悪い所がまた出てしまいました。うっふふ!





で、その桜玉吉先生を調べていたのです。

始めはゲームパロディを書いていたのですが、次第に「己の日常風景」を書いていく「私小説」雰囲気にシフトしていき、その「内幕暴露」的な作風に対し自分でも嫌気が差して来たのか、鬱病を発症、離婚、会社設立するも立ち消え、伊豆に家を買い、当時好意を抱いていた女性と同棲するも離別、そしてさらにはその伊豆の家も売却…なんて人生を歩んでいるそうです。



やばい、書いてて自分がちょっと暗い気持ちになってきてしまった…。



可愛かった絵柄も…

manga_04.jpg

次第に暗くなっていき…

manga_05.jpg

編集者とも決裂した頃にはサインペンでの殴り書きとなり…

manga_06.jpg

後期にはもう枯れた雰囲気に…

manga_07.jpg




玉吉さんは、前述した「つげ義春」大先生のファンでもあるので、こういった画風、内容になるのは仕様のないことかもしれませんが、いかんせん、

フィクションだかノンフィクションだか微妙なので、

なんとも言えないのですなあ。つげ先生の「石を売る」などは明らかにフィクションなので、読んでいて面白味もあるのですが…。


そんな「桜玉吉」先生の歴史をお知りになりたい方は、ここのブログが相当詳しいので、ぜひお読みになってくださいませ。宣伝だなこりゃ(笑)。
【桜玉吉】の物語を追う



でも私はこういうの好きです。破滅型というか何と言うか、

「それしか出来ない人達」

ですね。漫画しか書けない。でも生活はのしのしと背後から忍び寄って来る…

吾妻ひでおさん
鴨川つばめさん

等々、「壊れていっちゃう人」がホント好き。

ある種憧れなんでしょうね。ダメ憧れですけど。






え?そろそろ本題に戻せ?




ですね!「涙が出るマンガ」の話にするはずだったのです。



でもねえ…

マンガで泣かないんだよね、オレ…




基本的に涙腺はかなり弱いので、良く泣きます。

泣ける映画、ドラマ、ドキュメンタリーでは即号泣します。
もうボロッボロに。メイクも剥げ落ちる程度に。

一度、目をこすった勢いでつけまつげがまぶたの裏側に入っちゃった時は、トシの様に「ゴウナキ」しました。「ボウロボン」もびっくりです。



ただね、

漫画では泣けない…


良く聞きますよ。巷では。

「○○で超泣いた!」

「あのラストで感動しないやつはおかしい!」

「ト○ートニーチ○ッパー編は号泣!」


とか。


でも泣けない。


篠原千絵先生の大傑作である、

「海の闇、月の影」

manga_09.jpg


でも泣けない。めちゃくちゃ面白かったですけど。

何でなんでしょう。感受性が腐っているのでしょうか。

いや、でも映画とかでは泣ける訳だし…。




はっ!



もしかして、「読み物」だから泣けないのか!?私の読み方がどこか悪いのか!?




と、

かなり心配した時期もあります。





しかし、


私の涙腺を超刺激する作品が、数年前に発表されました。


それがコレ。


manga_08.jpg

「星守る犬」

もうね、なんというかね、身につまされるというかね、

ボロッボロ涙こぼしました。

高校時代、この作者である村上たかし先生の「ナマケモノが見てた」というギャグ漫画を爆笑しながら読んでいた私にとって、この作品はあまりに衝撃的でした。

寝られなくなるくらい泣きました。

ああ、俺はこういうのを求めていたんだなあ、と。




なので、


私に「泣けるマンガ」を紹介しろ!イカメンども!

何か変な設定なのは嫌いだ!(異世界に迷い込んだ、とか、エメラルド姫を守りにいくため、伝説の剣『ラグランジュディソード』を探しにいく!とか)

まともに、日常を描いている作品で、私に泣ける作品を紹介してくれ!

マンガ読みなんだろう?イカメンちゃん達は!?

それを俺が毎週レビューしていってやるって!やってやるって!

このブログを読んでいる皆様にも、納得出来るくらいの「泣けるマンガ」を教えろ〜っ!





ほ〜ら、ブログのネタが出来たよ。これで毎週毎週コバ・ジュンちゃん担当曜日のアクセスはダダ昇りだね!




さて、



その他にも、



「泣けるマンガ」というのは存在するのでありまして、





正確には、



「泣いたマンガ」


なのでありますが、


いまだに心の奥底に潜み、絵もしっかりと思い出せる様な作品が存在します。



それがコチラ。

古賀新一
「妖虫」


manga_010.jpg


ぎゃあああああああああああああ!


もう二度と読みたくない!

あまりの怖さ、気持ち悪さに、トラウマとなった作品であります。

こんなのを小学生のボクちんがいる家に「あげるよ」と気軽に持って来た、当時高校生のKさんって一体…。



ではまた!

コバ・ジュンでした!

ひとりごっつぁん(仮称)


私信:ゆりかんへ
そろそろつげ先生のマンガ返してね。



おまけ:
¥240で買ったくじらの刺身
manga_03.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

<< こころの北海道的記録 | ホーム | 6/7の放送後記 >>


コメント

泣ける漫画ねぇ。

オーソドックスなトコで萩尾望都さんのポーの一族シリーズで、恐らく年代的に最も古い時代を描いた「メリーベルと銀のばら」のラスト。つぶらひでともさん版の「神秘の世界エルハザード」のイフリータが呪縛を断ち切る辺り~ラストまで。後は「GUNSLINGER GIRL」の「パスタの国の王子様」のくだり辺りがヤバいですかねー。(^^;

子どもの頃から「ぎゅわんぶらぁ自己中心派」と
「しあわせのかたち」で育ったので
2頭身キャラしか描けない私です。

あんこ熊王が出るあたりが一番好きでした。

べるのがエロい。

さすがErisaさん

Elisaさん>
さすがErisaさん、時代的なところをついてきた!(笑)
「ポー」あたりの名作、実は読んで無いんですよねえ。今度マン喫行ったら、いの一番にそれを読みます!

文月氏>
餅月あんこ?(笑)
俺は「ファミ通のアレ(仮)」が好きでした。

nogu>
この人、この可愛い絵柄でさらっとエロを描いて来るので侮れません。

だよな、なんか思春期に色々刺激された思い出がある。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。