『イカを呼ぶ!』公式ブログ

インターネットTV番組、『イカを呼ぶ!』の公式ブログです。

本放送『イカを呼ぶ!』は2016年1月5日(火)に解散致しました。ここはその過去ログです。
ツイッターイカを呼ぶ!公式アカウント@kariekachanをチェック!!

現在の閲覧者数:
イカを呼ぶ! 公式ウェブサイト
Ustream 本放送はここからも見られるよ
イカを呼ぶ!次回の放送はありません。

プロフィール

イカを呼ぶ!

Author:イカを呼ぶ!
・視聴者参加型ゆるゆる系エンターテイメント番組『イカを呼ぶ!』です。
毎週金曜日夜23時~26時までの三時間生放送!
視聴者もチャットで参加できるリアルタイム相互番組です。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

◆ 2016年1月5日(火)イカを呼ぶ!は解散しました。
▼番組は2014年10月2日(木)に最終回を迎えました。
▼団体も2016年1月5日(火)を持ちまして正式に解散とさせて頂きました。
▼責任者・担当者は野口雄介個人だけとなります。
▼過去のコンテンツに残されている人物・団体などは一切の関わりがございませんのでご了承下さい。
▼お問い合わせはikawoyobu@gmail.comまでE-mailにてよろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にゃっくりりんの

のぐっちゃん、ジョニー、こころと、イベント続きの7月!

にゃっくです!

こころのパズガオーディションの翌々日から!
にゃっく舞台開幕!

にゃっくが『イカを呼ぶ!』とは別に、がっつり所属している団体
『JACROW』が、どういうものかわかるものをご紹介しちゃうよ!


それは・・・・
観劇サイト「こりっち」に7月末の舞台、「カルデッド」を「観たい!」と言ってくれているみなさんの声!!!


そのまま、 ネット上に公開されているお名前とご一緒に、いくつか掲載させていただきます。


れい様「しばらくぶりです」
なかなか予定が合わずに最近観ることができてなかったJACROW。あの吐き気がするほどの濃密な空気を真 夏に味わいたく。

忙し忍者様「演劇の力」
その場に居るのが辛くなるような舞台になるのでしょうか。そんな力を演劇は持っているということを見せ てくれる数少ない劇団と思います。怖いながらも観た いです。

VIAN様「タイトル間違ってる」
と思ったら敢えてそうしたことに納得。【「社会」の 問題には無力でも、「あなた」の問題には何かできる 】」この言葉に乗る!

ジョージ様「紙一重」
「自殺」をどう表現するのだろう。 お茶らけるのも 、入り過ぎるのも難しい題材だ。 これまでの作品で もエグるような問題提起、リアルな演出で、しかも演 技力が高い劇団だけに、どれほど緊張の時間を過ごすのか... 今回は、怖いもの観たさに心震える。公演が待ち遠しい。

困った金時様「熱い思い伝わります!」
遭えてこの重い問題を取り上げるそんな劇団があるのは、とても喜ばしいこと。 好意的に思っています。 早く具体化したものを観たいです。

数学者の奥さん様「冷や汗びっちょり」
仲良し4人組が息もピッタリにステキな音楽を奏でる カルテットじゃなくて、カル「デッド」! 大きな矛盾、皮肉を抱えたタイトルを見ただけで、気分はもうげんなり(当日までには夏バテも加わってるでしょう )。また胃が痛くなりに行きます。

水口様「何か持ち帰れる舞台」
まったくキャッチーではないし、動員に苦しむことは分かっているのに。 この言葉にすごくひかれました。 明るくて楽しい舞台ザ・エンタメな舞台もそれは それでよいけれど。 普段、見ようとしていないものを、見る機会をこの舞台に求めてみようか思いました 。何かを持ち帰れる舞台な予感。 舞台の帰り道、ぐるぐる考えすぎて、電車乗り過ごすようなものを期待します(笑) 吐き気がするほど、濃密な空気、体感したい!

遊民様「空気を創ること」
舞台創造において、これは非常に重要なことだと思わ れるが“「吐き気がするほど濃密な”と言われると、こ れは「観たい」となる。 評判は聞いていたが未見の劇団であり、私の好む短編オムニバスとなると尚更だ 。 それにしてもカルテットにカル「デッド」。その 上、フライヤーの表が富士の樹海で裏が富士山ですか 。

えりお様「芝居って・・・」
結局のところなんなんだろうって思いつつ、けれど別に答えなんて探してはなく、ってゆーか、色々あって当然で、とはいえ、ここの劇団の作品は好きだなっていつも思ってる。

さらさら様「日本が長年抱えている問題にどう斬り込 むのか楽しみです。」
JACROWが、この問題にどう斬り込むのか、一観客として真摯に向き合いたいと思います。

ハンダラ様「それでこそ」
受け狙いの馬鹿が言う事など気にする必要は無い。表現する者は永遠と闘うのだ。説明を読んだ。その問題 に対する態度こそ、表現する者の態度。立派だと褒めると恥ずかしがらせるかもしれないので、立ち位置が 気に入った、と述べるにとどめる。だが、ぜひとも観 たい。



JACROWがどんな感じか、ちょっとわかってもらえたかしら!?


ずっと、「気軽に友達を誘いづらい」JACROWでありたいと思っています。


みなさまのご来場を心よりお待ちしています。


JACROW#17『カルデッド』チケット予約↓にゃっく扱いだよ!
スポンサーサイト

<< 絶賛本番中 | ホーム | こころの火、水曜日 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。