『イカを呼ぶ!』公式ブログ

インターネットTV番組、『イカを呼ぶ!』の公式ブログです。

本放送『イカを呼ぶ!』は2016年1月5日(火)に解散致しました。ここはその過去ログです。
ツイッターイカを呼ぶ!公式アカウント@kariekachanをチェック!!

現在の閲覧者数:
イカを呼ぶ! 公式ウェブサイト
Ustream 本放送はここからも見られるよ
イカを呼ぶ!次回の放送はありません。

プロフィール

イカを呼ぶ!

Author:イカを呼ぶ!
・視聴者参加型ゆるゆる系エンターテイメント番組『イカを呼ぶ!』です。
毎週金曜日夜23時~26時までの三時間生放送!
視聴者もチャットで参加できるリアルタイム相互番組です。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

◆ 2016年1月5日(火)イカを呼ぶ!は解散しました。
▼番組は2014年10月2日(木)に最終回を迎えました。
▼団体も2016年1月5日(火)を持ちまして正式に解散とさせて頂きました。
▼責任者・担当者は野口雄介個人だけとなります。
▼過去のコンテンツに残されている人物・団体などは一切の関わりがございませんのでご了承下さい。
▼お問い合わせはikawoyobu@gmail.comまでE-mailにてよろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コバ・ジュンの『違いが分かる男の講座』

まいど!コバ・ジュンですよ!



一週間以上のご無沙汰でした!

先週までの連載、

コバ・ジュンが送る【六浦(むつうら)三部作】、

『性のめざめ~肉体の門~』編

はイカがでしたかな?カニ食いたい。

そんなタイトルじゃなかった気もしますが、
書いてる本人として、個人的にはこうもっと、



「コバ・ジュン素敵!抱いて!」



な流れになるはずだったのですが、全くそんな事なかったっすね!へへへ




ただひとつ言えるのは、


「三週連続でアクセスがtop


という紛れもない事実。

隠れコバ・ジュンファンがたくさんいるのを再確認したよ。ありがとうごじゃいます。



なのでこうもっと、


「抱いて!」


な流れになって欲しいです。早くしないと死んじゃうよ?もう年も年だし。
ウチは癌家系だし。


そんなわけで、八月第二週目を締めくくるブログ、行ってみましょー(^o^)



------------------------------------------------

新しく始まりました「違いの分かる男の講座シリーズ」第一弾、


今回は「爬虫類編」です(笑)


色々画像も出てきますので、興味の無い方、そういった系統が嫌いな方は今すぐ移動した方がよろしいかと(笑)


そうですね…例えば、

こんなサイトへの移動をお薦めします。


「ひとりごっつぁん(仮称)」

http://www1.m.jcnnet.jp/kobajun/


はい、言わずと知れたコバ・ジュンのofficialサイトですね。ちゃんと事務所にも公認されています(笑)
立ち上げたのが2002年ですから、都合11年も運営していることになります。これもひとえにご覧頂ける皆々様のおかげでございます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。







さて、


前置きが非常に長くなりましたが、


今回のコバ・ジュン講座は、


【イモリとヤモリの違い】


でございます。


あ、興味ない?なるほど、興味無いでございますか、
その場合はこちらのサイトへの移動を→「ひとりごっつぁん(仮称)


前にカエルの違いを書いた事があったんですが、アレは人気無かったな〜(笑)→コチラ『カエルさんの国』

みんな犬とか猫とかは可愛がるのに、なんで爬虫類両生類を嫌がるかね、
嫌がるかね!

今の様な暑い季節には、とてもひんやりして最高の動物なのに。






本題に入ります。

皆様は、「イモリ」と「ヤモリ」の区別はつきますか?
どちらも日本に古くから生息していて、俳句に於ける「夏の季語」としても使われるくらい、ポピュラーな動物であります。

比較的多く観られるのは「ヤモリ」の方ですね。人家に普通にいますから。都会でも、夜の住宅地を注意深く歩いてみれば、街灯や家々の玄関灯に張り付いてるのを見かける事が出来ます。
九州(福岡)では、「カベチョロ」という名で知られています。名が示す通り、壁をちょろちょろするから、ですね。








では画像いきましょう。



☆ヤモリ

yamo_001.jpg


キモい言うな


yamo_002.jpg


可愛いじゃないのさ


yamo_004.jpg

窓にぺたっ

↑この写真は、元劇団の後輩であり、今ではCDを出したり楽曲を提供したり、さらにはゲームのキャラクターデザインもするというマルチな活動をしている、

コツキミヤさん
コツキミヤさんのサイトはココ

より快くご提供頂きました。最近家に出没したそうです。コツキさん、ありがとねー(^o^)




さて、


人家に出没、夜行性、ちょろちょろと動く


この特徴を上げると、まるでゴ○ブリですが、大きな違いといたしましては、

ヤモリは益獣であります。家に来る害虫をぱくぱくとたいらげてくれます。良いヤツなのです。






しかし、そんなヤモリにも当然天敵はおり、先程の特徴が「ある生物」の興味を非常にそそるようでして…





その生物とは、





yamo_003.jpg



ぎゃああああ!やーめーてー!

ヤモリは「家守」と書き、その家の守り神なのよー!

今そこでそいつを食べちゃったら、あなたがぬくぬくと暮らしていけるその家も没落しちゃうかもしれないのよー!(一部誇大表現)





では次にいきましょう。


続いては「イモリ」であります。

こちらは、あまり見かけた事ある人はいないのでないかなー。

というのも、彼らはカエルと同じ「両生類」であり、基本水場に生息する生き物なのです。

以前は、田んぼや池などで頻繁に見られた様ですが、近年、といってももう3〜40年でしょうか。生息域を驚くべき勢いで減らしており、その姿はほとんど見られなくなっています。

かくいう私も、自然に生息する(ワイルドという言い方をします)イモリは見た事がありません。


遥か昔の事になります。私の母は旅が好きで、しょっちゅう色々な所に出かけておりました。といっても電車を使い一泊二日で帰って来られる範囲ですが、姉と私はその旅によく追随したものです。
今思うと、貴重な経験をたくさんさせてもらいました。母は旅先での出会いを非常に大切にしており、4人掛けボックスシートで出会ったおっちゃんと母姉私の三人で、楽しく会話しながら目的地を目指した事などが思い出されます。ゆで卵くれたおっちゃん、元気かな…。

でです。

子供時代の私のスケジュール(笑)が合わなかったのか、熱を出した(子供の頃は病弱でした)かは覚えていませんが、一度、母と姉だけで旅行に行ってしまった事があります。行き先は妙高高原。

私は「連れてって!なんで置いてくの!」と超ダダをこねた覚えがあります。

その理由といたしまして、行き先の妙高高原には、




「いもり池」

yamo_005.jpg


なんてのがあったからなのです。仮に着いて行ったとして、イモリが実際に見られたかどうかは知りませんが、幼少時代の私はそれくらい「爬虫類両生類」が好きで、ホント今でも「なぜその道に進まなかったのか」と大後悔しています(苦笑)。

ここまで余談。




とまあ、そのくらいイモリは少ない。


では画像をご覧頂きましょう。



☆イモリ


yamo_006.jpg


yamo_007.jpg


yamo_008.jpg


かーわいいーねー!


皆様、ワイルドな個体を見た事はありますでしょうか?
本当に個体数を減らしておりますので、たぶんご覧になったことはないと思われます…



では次に、

よく「ヤモリ」「イモリ」と間違われてしまう生物をご紹介します。



まずは、


☆カナヘビ

yamo_009.jpg


爬虫綱有鱗目カナヘビ科に属する爬虫類です。

ヘビと名前がついていますが、トカゲの仲間です。尾っぽがかなり長いのが特徴。
よく、「モズのはやにえ」として、冬場に木の枝に刺さっているのがコイツです。



では次にいきましょう。



☆ニホントカゲ

yamo_010.jpg

動物界脊索動物門爬虫綱有鱗目トカゲ科トカゲ属になります。
写真は大人の画像となります。

幼少時は、

yamo_011.jpg

こんな感じに、尻尾が鮮やかな青色で染まっております。こちらは観た事ある方も多いのではないでしょうか。




と、こんな具合に「ヤモリ」と「イモリ」の違い。

そして、よく間違われる「カナヘビ」と「ニホントカゲ」を記してみました。


さあ、明日からあなたも爬虫類博士だ!もし間違っている人がいたら
「ねえねえお姉さん、それはトカゲじゃないよ。…ヤモリじゃない?」
とコナンくん風に教えてあげましょう!




最後に、東南アジアではポピュラーな存在であり、私の祖父も戦時中にそちらの国で出会った「トッケイヤモリ」の動画と画像を貼ってお別れしたいと思います。

この「トッケイヤモリ」。

大きさが30cm近くありまして、


でも民家を住処としていますので、

普通に家の中にいるそうです。


こんな感じに。


yamo_012.jpg



これが、毎夜、鳴くのです。


こんな感じに。






さあ、みんなで東南アジアツアーに行こうぜ!

もちろんトッケイヤモリの鳴き声を聞きにさ!



誰か連れて行ってくださいませ。気の弱かった祖父が無理矢理戦争に連れて行かれ、現地で鳴き声を聞いた事により慰められたというこの声を、死ぬまでにはぜひ聞いてみたいのです。


ではまた。


@コバ・ジュン
スポンサーサイト

テーマ : 爬虫類 - ジャンル : ペット

タグ : イカを呼ぶ! コバ・ジュン

<< ゆりかん日記。 | ホーム | ほんとは火曜日日記 >>


コメント

トッケイヤモリはひらいて食べましたが非常に美味。見かけたら食べるといいと思います。

えええええ!

おひげさん>
コメントありがとうございます。

って、えええええええ!
食ったのですかあああ!
ううぅ、愛玩としてしか観られない私に、それは絶対に無理でございまする…orz

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。