『イカを呼ぶ!』公式ブログ

インターネットTV番組、『イカを呼ぶ!』の公式ブログです。

本放送『イカを呼ぶ!』は2016年1月5日(火)に解散致しました。ここはその過去ログです。
ツイッターイカを呼ぶ!公式アカウント@kariekachanをチェック!!

現在の閲覧者数:
イカを呼ぶ! 公式ウェブサイト
Ustream 本放送はここからも見られるよ
イカを呼ぶ!次回の放送はありません。

プロフィール

イカを呼ぶ!

Author:イカを呼ぶ!
・視聴者参加型ゆるゆる系エンターテイメント番組『イカを呼ぶ!』です。
毎週金曜日夜23時~26時までの三時間生放送!
視聴者もチャットで参加できるリアルタイム相互番組です。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

◆ 2016年1月5日(火)イカを呼ぶ!は解散しました。
▼番組は2014年10月2日(木)に最終回を迎えました。
▼団体も2016年1月5日(火)を持ちまして正式に解散とさせて頂きました。
▼責任者・担当者は野口雄介個人だけとなります。
▼過去のコンテンツに残されている人物・団体などは一切の関わりがございませんのでご了承下さい。
▼お問い合わせはikawoyobu@gmail.comまでE-mailにてよろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だって!ファミコン世代だもん!~その4~

さてさて、イカイベントに向けての毎日日記でございます。

ゲーム好きにはたまらない、ファミコン対決なイベントは、19日(土)だよ!
131019ive_02_20131008211339fd8.jpg

イカイベントの詳細はこちら!
→ http://ikawoyobu.web.fc2.com/eventlive/index.html

ジョニーの「だって!ファミコン世代だもん!」の第4回に紹介するソフトは・・・

野球ゲームの常識を変えた・・・「燃えろ!プロ野球」です!
327581e7cebea323ed9d68e3a7e7f88a.jpg

moepro1.gif
これは、従来の野球ゲームの主審の後方から見る画面ではなく、TVの中継のような投手の背中から見る画面に!これは、かなり当時熱かった!!!
moepro2.gif

img_62655_1261657_0.jpg
ホームラン打ったり、投手交代、デットボールで乱闘・・・そういった演出がバックスクリーンンのオーロラビジョンに映ったり・・・

img_62655_1261657_0.jpg
選手の容姿に特徴あったり(今までの野球ゲームは名前と能力の違いはあっても、選手の見た目は同じだった)・・・とにかく画期的だったの・・・・満塁で三振したら「アホ」って言われたり・・・

imageCAV2MW2B.jpg
本当に演出だけはすごかった。

しかし・・・超操作性?に問題あって・・・ゲームバランスというか?
選手のほとんどが成績と能力が比例してない(20本以上打ってることになってるのに、全然ホームランが打てないとか)。バントでホームランが打てる打者が各チーム1人いる。試合時間が長い(ファミスタの3倍くらい?)。全然ストライクゾーンじゃないのに、ストライクになったり・・・

だから、最初対戦してたんだけど・・・すぐに友達とやらなくなったなぁ。
でも、上手い下手の差があんまつかなくて、毎回互角だった気がする。必ず長打が打てる選手がいるからね。


ちなみに、「新燃えろ!プロ野球」は、なぜか斜めアングル。超やりにくかった!
60341b4f.png
しかも選手名が偽名に・・・


そんな感じで、ジョニーでした!

あ、イカイベントとちょいかぶってますが・・・・ジョニー初出演する「朗読劇」のご予約も絶賛受付中です!

roudoku2.jpg
10月17日~21日
@エビス駅前バー


詳細はこちら→ http://ameblo.jp/johnnytime/entry-11630715920.html

初めての朗読劇観劇にピッタリな作品です!
皆様、ぜひとも!! お待ちしております!


ディ~アッ!!

スポンサーサイト

<< だって!ファミコン世代だもん!~その5~ | ホーム | だって!ファミコン世代だもん!~その3~ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。