『イカを呼ぶ!』公式ブログ

インターネットTV番組、『イカを呼ぶ!』の公式ブログです。

本放送『イカを呼ぶ!』は2016年1月5日(火)に解散致しました。ここはその過去ログです。
ツイッターイカを呼ぶ!公式アカウント@kariekachanをチェック!!

現在の閲覧者数:
イカを呼ぶ! 公式ウェブサイト
Ustream 本放送はここからも見られるよ
イカを呼ぶ!次回の放送はありません。

プロフィール

イカを呼ぶ!

Author:イカを呼ぶ!
・視聴者参加型ゆるゆる系エンターテイメント番組『イカを呼ぶ!』です。
毎週金曜日夜23時~26時までの三時間生放送!
視聴者もチャットで参加できるリアルタイム相互番組です。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

◆ 2016年1月5日(火)イカを呼ぶ!は解散しました。
▼番組は2014年10月2日(木)に最終回を迎えました。
▼団体も2016年1月5日(火)を持ちまして正式に解散とさせて頂きました。
▼責任者・担当者は野口雄介個人だけとなります。
▼過去のコンテンツに残されている人物・団体などは一切の関わりがございませんのでご了承下さい。
▼お問い合わせはikawoyobu@gmail.comまでE-mailにてよろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/10/2(木) イカを呼ぶ!最終回をお届けしました。

まずは…

約7年間もの間、応援ありがとうございました!!

のぐっちゃんこと野口雄介です!
ご挨拶が三週間も遅れてしまったことお詫びします。
なかなか気持ちの整理が付かなくてねぇ…
やっぱり7年続けてきたものを終わらせる、というのは中々どうしてなのです。

早くご挨拶をしなきゃ、と思いつつ書いては消し書いては消し…
悶々と毎日を過ごしておりました。

しかし最終回を迎えてから三週間経った今でも色々な方から
温かいメッセージを沢山頂き、泣きながら奮い立ちました!
ありがとうございます!頑張るよ!オレ!

…言い訳ですね、すいませんホント。

さて。
最終回の放送。
最後の最後に今まで応援して頂いた皆さんに感謝のご挨拶をしたのですが…

アーカイブに残っておらず…

こういうところも限界を迎えていたのかもしれませんなぁ…
期せずして涙を流してしまったボクの醜態が残らず良かったのかもしれないけどねぇ(笑)

えっと、本来バラエティ番組の終了なんてもんに
理由なんて無いし、そんなのわざわざ発表する意味も無いんじゃないかな?
とは思っているんです。

が、最終回前に「番組で色々説明するよ!」と言っておきながら
都合で見られなかった方が後でアーカイブを覗いて見ると…

「いや、やっぱり挨拶はちゃんと最後にしたいから…」

っていうボクのセリフで終わっちゃってて何とも尻切れトンボ。
っていうか…7年やっててあんまりにもあんまりじゃない?!

まぁ単純に言えば…

『宣言した事はちゃんとやろう!』

って事です。

そんなわけでイカ、最終回に番組内でお話した最終回になった理由です。
イカだけにっ!!


一番大きな理由は、ボクの信念である…

『目の前のお客さんを楽しませる!』

というのが現在のこの体制では困難だと判断したからです。


その理由一つ目。
「配信状況の変化」

スティッカムジャパンから始まり、色々な経緯を辿って現在U-STREAMに至りました。
しかし、どうも最近のU-STREAMの体制が「無料ユーザー」に重きを置かなくなった、と色々なサイトで見かけます。
「有料ユーザー」、「企業ユーザー」に力を入れ始めたみたいなんですね。
この件に関して個人的、並びに団体としても特に意見はありません。
全て完全無料で使わせてもらっている完全依存スタイルを取っている以上、仕方がない事でもありますし。

ただ、それよりも!
視聴者の皆さんからの問い合わせが以前よりも確実に増えました。

「見る事が出来ない。」
「ぶつ切れになり、その度CMが入ってストレス。」
「アーカイブが見れないことがある。」
「チャットに参加できない。」
「チャットが反映されていない。」etc…

これら全て我々イカを呼ぶ!側ではどうにも出来ないことなんです。
配信システムを他に依存、さらに視聴する側の環境にも依存している現状では。

こちらとしては出来る限り良い環境で視聴してもらえるよう努力してきたと思います。
ハッキリ言ってまだ全英語時代からU-STREAMを使っている我々としては
そんじょそこらの配信組織よりも環境は整ってる自信があります。(配信する場所の電波とかはありますが)

だからどうしても「しょうがないんです。」とか「そちら側の環境を整えてみてください。」ぐらいしか言えず、
中には「いつまで経っても解決法を示してくれない!」なんて問い合わせもありました。

でも「我々では解決できないんです!どうかご理解下さい!」という返答しか出来ません。
その上で「目の前のお客さんに楽しんでもらう!」ことに段々と無理が生じてきている、と判断しました。
ストレスを抱えながら楽しむのはなかなか難しいことだと思いますし。

余談にはなりますが、どうやら今あるアーカイブ1076個(2014/10/18現在)も11/1より30日過ぎると次々と削除されてしまうみたいです。
何かとっておきたいアーカイブがあったらなるべくお早めにローカルダウンロードする事をオススメします。

もう一度断っておきますが我々は個人としても団体としてもU-STREAMさんを非難しているわけではありません。
そして上記の事もu-streamの公式発表でもありません。知識的に足りないものがまだまだあるのかもしれません。
単純に現状が我々の求めるものとのバランスが取りづらいと我々が勝手に判断した、という事です。
むしろ長年バランスをとって出来ていたことに感謝しています。

二つ目。
「毎週配信の重要性」

我々「イカを呼ぶ!」は「週一回、配信をするだけの団体」ではありません。
なんだか色々なことをやってきました。

毎月飲み食い放題のイベントを開いたり、スーパーママチャリグランプリに出てみたり、本格的な演劇をやったり、キングオブコントにチャレンジしたり、観光協会の公認団体にしていただいたり、地元のお祭りの公認団体として盛り上げたり、トークライブをやってみたり…

これも全て信念である「目の前のお客さんを楽しませる!」を優先させた結果です。
「週一回の配信」だけに対するこだわりは最優先ではありません。
しかし後述する二つの理由で、現在はむしろ配信する事によって信念に反した行動になっているように感じています。

もはや現状では配信以外の方法で「目の前のお客さんを楽しませる!」方がいいのではないか、と思っています。

三つ目。
「団体のフットワークの重さ」

約7年もやっていればメンバーの入れ替わりもモチロンありました。
最少2人、最大で12人という振れ幅でやってきました。
増えるときもあれば減るときもあり…

ただ、今までは人数が減った時には必ずフットワークは軽くなっていました。
ここでいうフットワークというのは二点。
「スケジュール」と「内容」です。

人数が減れば予定は合わせやすくなりますし、
内容も人数が必要なもので無くバカバカしいアイデアさえ思いつけば
了承を取る人数も少なくなります。
「やろうぜ!」「いいね!面白い!」と出来たんです。

それが両方とも難しくなってしまいました。
むしろ人数が多かった時のほうがフットワークは軽かったと思います。
スケジュールがなかなか合わない、内容も無理の無い形が最優先。

ならば!とそれが改善出来れば良かったんですが現状「改善は出来ない」という判断をしました。

四つ目は、三つ目からの派生だと思います。
「お客さんに強いるスタイル」

今年に入ってからの配信日は「我々の都合の良い日」になっていました。
上記のフットワークの重さからです。
そのため、視聴者の皆さんが観るためには我々の都合に合わせなければなりません。
バカバカしいバラエティを観るために、一つ大きなストレスを強いてしまっているのです。

さらに内容も我々に合わせた無理のない形。
バカバカしいものも中々見られなくなっていました。

その配信日も何度か突然変更。
内容も直前、ないしは配信を見なければわからない状態に。

提供する側が無理をするのは当たり前だと思うんですが
受け手に無理をさせ、都合を強いる。これはバラエティのやる事じゃないと思います。
バラエティに限定せず、なにか見せる側としてそう思います。

もはや配信すればするだけ「目の前のお客さんを楽しませていない」事になってるんじゃないか、と思いました。

以上が番組ラストでお話した最終回に至る理由でした。
そして最後まで力を貸してくれたキャスト・スタッフに心からありがとうを。

なにより七年間応援してくれた視聴者の方々へ、最後はこんな形になってしまってゴメンなさい。
そして本当になりよりも、応援して下さってありがとうございました。感謝しています!

という事をお伝えしました。

あ、補足になりますが「目の前のお客さんを楽しませる!」という信念は
もちろんボク個人の信念でも有りますが、個人の信念に反するからもう辞める!とかそういう事じゃありません。
年頭に今のメンバーでキチンと話し合い、団体の信念として共通認識を持って臨んだ一年であり、
団体の意志ですからね(笑)

まぁ…はっきり言って無念です。残念です。
「目の前のお客さんを楽しませる!」という笑顔を作りたくて始めたことが
逆の形になっていると感じ始めてからはショックでした。

でも終わって三週間経った今でも色々なあたたかいメッセージをもらって奮い立ちました。

「倒されたのは問題ではない!立ち上がるかが問題なのだ!」

という言葉を本屋で目にして、これじゃいけないなと。


誤解を招いているのかもしれませんが、あくまでも「毎週一回の放送」という意味での
番組としての「イカを呼ぶ!」が終わったに過ぎず…

解散ではありません!

これからも「目の前のお客さんを楽しませる」為に何か出来たらいいな、と思っています。
気が向けば配信もするだろうし、また面白い何かを提供していきたいです。

その為に一人スタッフが帰ってきました。
一度は辞めたものの、また我々に力を貸してくれるK先生です。

まぁ新しくスタッフが増えたのに解散とかホント意味分かんないからね(笑)

今はまだショックも大きく中々新しい事を始める力が足りません。
その為に新しい力を借りたいと思ってます。

長くなりましたが、以上がアーカイブに残っていない最終回ラストに番組で皆さんにお伝えしたことです。


最後に改めて。

本当に本当に今まで応援ありがとうございました。心から感謝しています。
週一回お会いすることはなくなりますが、これからも何らかの形でお互い笑顔になりたいなと思っています。

今はまだ何一つ決まっていませんし、何かをスタートさせる元気が足りません。
とにかく目の前にあることを一生懸命やりたいと思ってます!

さしあたって…飲み食いイカイベント復活させたいなぁ…20人くらい集まるならやりたいなぁ。

そんな感じです。
これからもぜひ仲良くしてもらえたら幸いです!よろしくお願いします!

のぐっちゃん/野口雄介
スポンサーサイト

<< ハロウィンパーティーお知らせ | ホーム | 10/5 カナメの映画を呼ぶ! >>


コメント

お疲れ様でした!

まずはお疲れ様でした!

何年いたか分からないくらいお世話になりました。

なんとなく楽しそうだから初めて、スタッフやって。ブログやらされて、動画を冗談でやったらハマってしまい今では副業になり…

今でもにゃっくさんの動画とか続いてて。

笑いに関してもたくさん勉強させてもらいました。
野口さんから盗んだトーク技術はBARや営業で役に立ってます。

色々とありがとうございました。

さて、これからですね。
何ができるのか、何をするのか未だ未定ではありますがエンターテイメントとして何かに力を合わせて挑戦し続けていきたいですね。

これから…これからもよろしくお願いします。

7年間お疲れ様でした。



野口さんそしてイカを呼ぶの皆さま
お疲れさまでした.

放送が最終回という記事を読み久しぶりに 「マジで~!?」 と大声を出しあまりの声の大きさに苦笑いしてしまった事を思い出しました.

きっかけは・・・まぁ置いといて.
イカを呼ぶの放送は毎回楽しみに観ておりました.

初めて観たときは何だか巧く接続出来ず数分で止めてしまいましたが2回目はゆりかんサンが放送中に白米をひたすら食すというバカバカしい・・・もといこの人何なん?
という衝撃か走った事を今でも覚えてます.

最終回もそうでしたがそれより数ヶ月前からこちらのハードの問題で観る事が出来なくなりとても残念でした.

しかしイカを呼ぶは解散した訳ではないと聞きとても安心した次第です.

形は変われどもこれからも思う存分楽しませた下さい.

陰ながら応援しております.

そしてK先生お帰りなさいませ.


色々長文で書きたい所だけど手が不自由で(^^;

後ほど治ってから書きますが兎にも角にもありがとう!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。