『イカを呼ぶ!』公式ブログ

インターネットTV番組、『イカを呼ぶ!』の公式ブログです。

本放送『イカを呼ぶ!』は2016年1月5日(火)に解散致しました。ここはその過去ログです。
ツイッターイカを呼ぶ!公式アカウント@kariekachanをチェック!!

現在の閲覧者数:
イカを呼ぶ! 公式ウェブサイト
Ustream 本放送はここからも見られるよ
イカを呼ぶ!次回の放送はありません。

プロフィール

イカを呼ぶ!

Author:イカを呼ぶ!
・視聴者参加型ゆるゆる系エンターテイメント番組『イカを呼ぶ!』です。
毎週金曜日夜23時~26時までの三時間生放送!
視聴者もチャットで参加できるリアルタイム相互番組です。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

◆ 2016年1月5日(火)イカを呼ぶ!は解散しました。
▼番組は2014年10月2日(木)に最終回を迎えました。
▼団体も2016年1月5日(火)を持ちまして正式に解散とさせて頂きました。
▼責任者・担当者は野口雄介個人だけとなります。
▼過去のコンテンツに残されている人物・団体などは一切の関わりがございませんのでご了承下さい。
▼お問い合わせはikawoyobu@gmail.comまでE-mailにてよろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3話 スタンド•バイ•ミー

(ジャック•ニッチェ スタンド•バイ•ミーのテーマ)


テレテッテッ♫

テレテッテッ♫



便座ないッ!!

この季節顔を洗ってもなかなか目が覚めず寝ぼけて便座を下げずに座ろうとして、冷えきった便器の上にお尻をつけてしまい慌てて目が覚める

そんな心の叫びを唄う

カナメです!



最近、

リヴァー•フェニックスが亡くなる間際まで出演していた

『ダーク•ブラッド』という




レンタルとリリースされて話題になっているそうで、

観た感想で言うと

リヴァーファンのための遺作と言うべき作品です。
でも、リヴァーという人物を知るための作品でもあるそんな作品。

なぜリヴァーがあの行動をとったのかというのは…

淋しかったんだろうな…。

という感想。

気になったら観てみるべき作品ですね。

と言っている自分は
気になったからブログを書いてますが、





リヴァー•フェニックスは
名俳優と言われながらも麻薬中毒で
23歳の若さでこの世を去ったとか


こっちは24歳でフリーターだよ…

それは置いておいて。


それに合わせて今日は
東方シネマズでも放映されている
『スタンド•バイ•ミー』について語ります!





あれ観たのは保育園通ってたぐらいだったけど、
兄弟でしょっちゅう観ていたからやたら記憶に残っている映画。


あらすじは、

主人公が少年の頃からの親友の死をきっかけに、その当時の出来事を回想する。
その友人がリヴァー演じるクリス。
ゴーディ、クリス、テディ、バーンの4人は、3日前から行方不明になっているブラワーが森の奥で、列車に跳ねられ死体のまま野ざらしになっていることを知り死体を見つければ有名になれるという動機から冒険のような旅をするというお話。

12歳のあの頃のような友人は2度と出来ないとか
意味が深いですね。

ちなみに

この撮影当時から
リヴァー本人が麻薬やっていたとか
共演者のウィル•ウィトンがそう告白しているとか。


この少年時代からリヴァーが名演技をしているとか目立ってるとかなんとかって言われているようです。




でも彼より
コリー•フェルドマンの方が印象が強かったような?
コリーは『グレムリン』や『グーニーズ』とか結構有名な作品に出ていて彼の方が存在感あるような?

個人的な感想ですけどね。


でも、
リヴァーの方が役柄的に
ウィル演じる主人公の助け役みたいな

で、
コリーの役柄は
キーファー•サザーランド演じる年上の不良リーダーを見て逃げてしまうから
そう考えるとリヴァーの方が魅力的なんでしょうね。





というか、キーファーはこの頃から出ていたんだという事実を最近になって知りましたね~!驚きですね!

『ここに死体があるのは分かっているんだぁ!!』

とか言いそうな感じしてましたけど




ナイフをパッと出して
『死体渡しな?』
というあっさりな感じでした。

主人公のゴーディは
兄を事故で無くしていて
両親はゴーディそっちのけで
上の空になっていています。

その上、旅の道中で葬式のさ中父親が
『お前が死ねば良かった。』という夢を見るシーンがありますが、

酷い話です。


精神崩壊寸前のウィルを所々でリヴァーが心の支えをしている。

かと思いきや、




家庭内環境が良くないあまり
教師に濡れ衣を着せられ
停学にさせられた。
やりきれない心境のリヴァーを
ウィルも支えている。

支え支えられてみたいな。


『自分を支えて』


題名通りなんですね。







(小山さん風に)
「お言葉ですが大統領!

仕事をさせて下さい!!」





そばに立たないで下さい。



以上、カナメでした!



スポンサーサイト

<< 第4話 未来と過去。 | ホーム | ハロウィンパーティー放送後記! >>


コメント


When the night has come
And the land is dark♪

あのジャック・バウアーも出てたすね.

いつの間にか24の映画化が立ち消えて何故がイギリスが舞台,しかも24なのに12話分しかないってのが出来上がってた・笑

早く観たなり☆


KiTARoUさん>

コメントありがとうございます!
歌まで歌って下さって〜。
バウアーこの頃から出ていたんですよね。
あと24だけど12話って、
あ、そうなんだ。って、感じになりますね。
007みたいなサブタイトルとかは置いておいて
ちょっと、気になりますね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。