『イカを呼ぶ!』公式ブログ

インターネットTV番組、『イカを呼ぶ!』の公式ブログです。

本放送『イカを呼ぶ!』は2016年1月5日(火)に解散致しました。ここはその過去ログです。
ツイッターイカを呼ぶ!公式アカウント@kariekachanをチェック!!

現在の閲覧者数:
イカを呼ぶ! 公式ウェブサイト
Ustream 本放送はここからも見られるよ
イカを呼ぶ!次回の放送はありません。

プロフィール

イカを呼ぶ!

Author:イカを呼ぶ!
・視聴者参加型ゆるゆる系エンターテイメント番組『イカを呼ぶ!』です。
毎週金曜日夜23時~26時までの三時間生放送!
視聴者もチャットで参加できるリアルタイム相互番組です。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

◆ 2016年1月5日(火)イカを呼ぶ!は解散しました。
▼番組は2014年10月2日(木)に最終回を迎えました。
▼団体も2016年1月5日(火)を持ちまして正式に解散とさせて頂きました。
▼責任者・担当者は野口雄介個人だけとなります。
▼過去のコンテンツに残されている人物・団体などは一切の関わりがございませんのでご了承下さい。
▼お問い合わせはikawoyobu@gmail.comまでE-mailにてよろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7話 スペースオペラみたいな


『フロム・ダスク・ティル・ドーン』みたいなのがいいですね。

あの様なのがあるから

映画は面白いって思いますね。



あっ、

どうも、カナメです。

遅くにブログを上げることになってしまってすみません。



観にいきました。


クリストファー•ノーラン監督の最新作

『インターステラー』





あらすじは、

食糧難と環境変化によって地球の寿命が刻一刻と迫り行く世界。

第2の地球である星を探し出し、
必ず地球に帰還すると娘と約束をした父親の葛藤を描いた作品。


愛は国境を越えるとかありましたが、

そんな次元をも越える。


ということを言いたかったのではないでしょうか。

最先端のVFXで表現をしてましたが、

宇宙空間や音楽による表現が

何処と無く『2001年宇宙の旅』みたいだと思わせる作品でもありました。





あと、

「TRAS」といういつでも何処でも付き添う相棒ロボが

スター•ウォーズの
「R2-D2」とか

2001年宇宙の旅の
「HAL 9000」みたいなのも思い出させてました。

というか
ジョークをやたら言うところを観ると
何処と無く





高田純次さんを思わせるような
適当ジョークを醸し出す

この「純次ロボ」


じゃなかった、

「TRAS」が凄い良いキャラだったりと、

SFらしいSF作品でした。


しかしSFらしいSF作品故、

相対性理論…え~と、

アインシュタインの理論で…

え~。


簡単に言うと

「時間」は「重力」や「速さ」の影響を受けるということ。

つまり、
宇宙には絶対的な基準がないので
地球の時間と宇宙の時間にズレが生じる。

で良いのかな?

あと、
未知の世界ブラックホールなど
5次元?という…

え~…

って、

結構科学に強くないと話ついていけないじゃんと思われますが、

ついていけません(笑)

と言ってしまえばお終いですが

その辺の解釈をするには

考察が必要となってくる作品です。


世界観としては今作に近かった作品である

『インターセプション』でしょうか。

クリストファー•ノーラン監督は

独特な世界観で
何年経っても考察が絶えない作品を創り上げる

作風で言うと
『ブレードランナー』の
リドリー•スコット監督や

『新世紀エヴァンゲリオン』の
庵野秀明監督や

『攻殻機動隊』の
押井守監督など

その独特な世界とそれによって生じる出来事を考えれば考えるほど答えが何個も見つかったり

観ている人を置いてきぼりにさせるようで
そのストーリーや世界を解釈させるべくヒントを所々に用意させて
ここはこうで、あれはこうでと
分からせたり考察させたりと

知りたい。という好奇心を注ぐ作品をまたもや今作にもあります。

主演のレオナルド•ディカプリオ



レオ様と共演した

世界のナベアツ





…じゃなかった、

世界の ケン•ワタナベ こと

渡辺謙さん






いや~、
いつ観ても格好良い!





でも、
ストーリーが結構難しのですが、

考察が色々出来てつい観入ってしまう作品で


どんな作品かというと



ある冒険家カナメ•ジョーンズが、

非常にマズいことになっていて。

なぜかというと、

国際指名手配され日本に帰れなくなっている!!

なぜこんなことになってしまったかは分からないが

酔った勢いで何かしたらしい、

呑んだ記憶はあるがその後が全く思い出せない!


しかし、

ワタナベからライバル企業のロバートに
思考を植え付け(インセプション)
会社を潰すという依頼を成功させれば

犯罪歴を消してくれるということらしい。

この任務は
極秘裏であるので奇襲をしてすぐに任務が完了する簡単な依頼だ。

“鬼にも地獄ばかりではない”とはこのことである。



いざ任務に就く、

とその時!!


四方八方から銃声が!!


しまった、

作戦が筒抜けだったらしい

待ち伏せをされていた!

一体この現状を打破するにはどうすればいいのか?

ワタナベ「簡単だ。夢から目覚めればいい。そういう計画だ。」

そうだったな、
そういう計画だ…ったか?



とその時、銃声が!



パーン









撃たれたー!!

はっ!?夢かっ!?


ワタナベ「目覚めたか。
この建物の中にロバートがいる。
探し出し思考を植え付けよう。

そして、


(会社を)潰そう。」


この時、相当な恨みが伝わった。





この雪山にそびえ立つ要塞の様な建物。


この中に居るのか。
よし、ロバートを探そう。


中に入ると外見とは違い

内装は木材が多い。


そうか、


外観はコンクリートを使ってたくましい表現をしていて

内装は木を使い
柔らかい表情を表現している。

木にこだわったコンクリート住宅。

建築費は2,250万円。
坪単価は64万円でした。



♪~(小田和正 Between the World & the Heart~言葉と心~)


え~、
ロバートさんのご自宅いかがでしたか?

大学で土木の勉強をされて
建築士の資格をとり建築家になった。


♪~


そのプロセスはこのご自宅に活かされてます。


♪~


子供心を分かっていらっしゃいますね。

実に素晴らしい。


♪~


頼もしい、頼りになるそんなイメージのご自宅でしたね。






♪~



チャンチャン♪



という
あらすじは違いますが

作風で言えばこんな感じ。








観たことないけど。






以上カナメでした。




スポンサーサイト

<< 第8話 NO more 流行ネタ。 | ホーム | 第6話 謝罪と決意。…と小ネタ。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。